商品先物リアルマネートレード

【EVOCX CUP】COTV「リアル・マネー・トレード」

2014年7月30日(水)までのトレード振り返り

 

FURUKAWAです。

前回から間が開いてしまいましたが、トレードはしておりました。

ご報告が遅くなりすみません。

 

 

140730さて、前回はストップをおいてトレードしますといいながら、ストップはおかずにそのまま粘ってしまいました。

 

今回は難を逃れましたが、いつか取り返しのつかないことになると思う(というかこれまでそれで痛い目を見ている)ので、ストップは必ず入れる!ということを肝に銘じていきたいと思います。

 

 

さて逆に行った相場ですが、そのまま持ち続け、4月24日にようやく建値付近より少し落ちましたので、少しプラスにて決済しました。(はじめの赤丸)

 

その際に安値をつけてからの上昇の勢いが強かったので、このまま戻すかもという思惑に駈られ、途転で買いました。(金ミニ2枚)

 

その後一度さらに安値を更新して下げてしまいましたが、ダイバージェンスが確認できたのでそのままやり過ごし、25日の東商取寄付でさらに金ミニ1枚を買い増しました。

 

28日には4,288円まで上昇し、その後揉み合っていたので、ポジションはそのままキープし、次に高値を更新したところで一部を手仕舞おうと思っていたところ、29日にさらに高値を更新し4,300円まで上昇したので、高値近辺にて最初の金ミニ2枚を利食いました。

 

 

ここでもダイバージェンスがでており、売りに途転が結果的には正解でしたが、金ミニの買いを1枚残していたためか、自分の意識のなかで買いのバイアスがかかってしまっており、売りではいることができませんでした。

 

金ミニの買い1枚はまだキープしていますが、そろそろ仕切りが良いかと思っています。

 

 

ダイバージェンスがでていたこと、上昇過程での安値を下回ってしまったことなどから、今後は下降トレンド入りが濃厚となりそうです。

 

ポジションは今後の状況により持ちたいと思います。

 

 

 

売買履歴&トレード方針 FURUKAWAの売買履歴&トレード方針   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

当サイト利用上の注意事項

掲載される情報は【EVOCX CUP】COTVリアルマネートレード(以下「当サイト」という)が信頼できると判断した情報源をもとに当サイトが作成・表示したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性について、当サイトは保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。

 

COMMODITY ONLINE TV提供のユーストリーム配信内容は、あくまで情報提供を目的としたものであり、断定的な投資判断の提供や投資その他の行動を勧誘するものではありません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。