商品先物リアルマネートレード

【EVOCX CUP】COTV「リアル・マネー・トレード」

FURUKAWAの売買履歴&トレード方針

FURUKAWAの売買履歴&トレード方針について

FURUKAWAの売買履歴&トレード方針
FURUKAWAは以下で紹介するテクニカル分析を中心とした投資手法でリアル取引を行います。
エントリー時に当ページに売買結果を掲載します。
トレード対戦の状況(収益率)はEVOCX CUP公式サイトでご確認ください。

 

<活用するテクニカル指標>

 

・移動平均線(EMA)
・MACD
・ストキャスティクス
・平均足
・CCI(Commodity Channel Index)

 

上記の組み合わせに加え、特にダイバージェンス(逆行現象)の出現を注視します。

 

ダイバージェンスとは、テクニカル指標が相場の動きに連動しない現象を言います。上昇トレンドが継続している時、相場が高値を更新しているのに、オシエーターが前の高値を上回っていない状態、つまり、価格とインディケーター(特にオシレーター)との動きの間に逆行現象が起こっていることです。

 

そしてダイバージェンスは、トレンド転換の予兆とも言われ相場の反転時によく現れ、確率が高い重要シグナルとなります。特にMACDによる逆行現象はその信憑性が高いと言われ、トレンド転換を早期に捉えることができます。

 

当コメントは断定的な投資判断の提供や投資の勧誘を行うものではありません。本情報の利用に際しましては、お客さまご自身の判断と責任でなされますようお願い申し上げます。売買に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさいますようお願いいたします。

【F】先週から今週の売買履歴

 

こんにちは、古川です。

 

先週は金が上昇していましたが、地政学リスクでの上昇だったためにいずれ下がるだろうと思い、金ミニを売りで保有していました。

 

先週末には金は下がりましたが、ドル高と言うことで国内は円安に相殺され大して動かず。

しびれを切らして金ミニは週明けに仕切りました。

 

今週に入っても流れは変わらず、金は下落していますが東京金は狭い値幅でほとんど動いていません。

 

 

白金も同じような動きですが、東京白金は昨年6月からの上昇トレンドラインまで落ちてきているので反発期待で週初に買いました。

 

NYはゴールドマン・サックスが採算ラインとした1425ドルまでしっかり下げてきています。ここで止まるかどうかというポイントです。

 

国内は上昇トレンドラインを若干下回っており、こちらもここで踏みとどまれるかの瀬戸際です。

 

買いは維持していますが、反発の兆しがないので少し厳しい気がしますが、もう少し様子見してみます。

 

さてどうなるでしょうか。

 

売買履歴&トレード方針 FURUKAWAの売買履歴&トレード方針   コメント:0

1 2 3 7